調査研究活動
あしたへ ── 平成時代を振り返って 2020年3月

「勤労者の多面的な生活課題への解決の道筋」《 I 》
[ 調査・研究報告 ]
I. 総括論文
「失われた30年」
─ 日本の労働者はどういう状態にあったのか ─
埼玉大学 名誉教授
鎌倉 孝夫
Ⅱ. テーマ別論文
「平成時代」30年間の雇用の変遷と課題
元・内閣官房専門調査員
横田 昌三
労働時間の変遷と課題を探る
─ 政策と制度改正から見る日本の時短 ─
公益社団法人 新潟県自治研究センター
常務理事・研究主幹 桝口 敏行
労働者の賃金等のデータからみえてくるもの、
考えていくべきもの
公益社団法人 新潟県自治研究センター
研究主幹 齋藤 喜和
Ⅲ. 平成時代の特徴的テーマ
若者から未来奪った雇用破壊
─ バブル崩壊から失われた20年 ─
公益社団法人 新潟県自治研究センター
理事・研究主幹 種田 和義
第四次産業革命の中で「主体的な働き方」を考える
公益社団法人 新潟県自治研究センター
理事・研究主幹 鬼嶋 正之
Ⅳ. 年表で振り返る平成時代
平成時代の労働法制等の制度・改正と背景
国際、国内、労働、県内の出来事