調査研究活動
あしたへ ── 平成時代を振り返って 2021年3月

「勤労者の多面的な生活課題への解決の道筋」《 Ⅱ 》
[ 調査・研究報告 ]
I. 総括論文
社会保障の理念の変化と勤労者の生活実態
新潟県立大学 人間生活学部
准教授 小澤 薫
Ⅱ. テーマ別論文
高齢社会から超高齢社会へ
 ─「拡大再生産」の時代は終わった ─
公益社団法人 新潟県自治研究センター
理事・研究主幹 種田 和義
年金制度の変遷と課題を探る
 ─ 年金制度の将来不安は払拭されるのか ─
公益社団法人 新潟県自治研究センター
常務理事・研究主幹 桝口 敏行
医療費抑制政策からの転換
 ─ 公的医療保険の変遷と課題 ─
元・内閣官房専門調査員
横田 昌三
公衆衛生の歴史からみた「平成期」の位置づけ
 ─ 公衆衛生の原点と今日の新型肺炎禍を結んで考える ─
公益社団法人 新潟県自治研究センター
研究主幹 齋藤 喜和
変わる世界の中で「人生100年時代」を考える
公益社団法人 新潟県自治研究センター
理事・研究主幹 鬼嶋 正之
Ⅲ. 資 料
1.人口推移と推計・高齢化
2.寿命
3.出生と乳児
4.労働
5.貧困と生活保護