調査研究活動
あしたへ「看護と労働」 2015年1月

新潟県における医療現場の課題と医療人材の確保・拡充に関する
調査・研究

【調査・研究報告書 CD版】

企画・報告書 構成
1. 調査・研究企画書
問われ続けてきた看護職員の就労実態と課題
「潜在看護師を生み出す医療現場の問題点」

公益社団法人 新潟県自治研究センター
常務理事・研究主幹 桝口 敏行
「現場からの叫び アンケートで明かされた看護師の実情」
自由記載欄から見える看護現場の実態と課題

ジャーナリスト  岡 田 浩人
(元 テレビ新潟放送網 報道記者)
「県内看護職員アンケートの集約と視点」

公益社団法人 新潟県自治研究センター
常務理事・研究主幹 桝口 敏行
2. 現場からの報告
「働き続けられる職場づくりを求めて」

新潟県職員労働組合

医療部長 丸田 伸彦

「人間らしく、自分らしいライフスタイルを求めて」

新潟県厚生連病院労働組合
看護委員長 柳 幸子
3. 新潟県内 看護職員アンケート
全体集計(6,090回答の集約)
医療圏域別・病院別集計
設置・運営者別集約
年代別集約(年代設問の回答者のみの集約)
県立・厚生連病院集約
勤務内容別集約
自由記載欄集約
 他